ワーキングホリデーの情報を扱っています。ワーキングホリーに役立つ国別名所情報も扱っています。

ワーキングホリデー.NAVI

区切り線

フランス

芸術大国フランスで華やかなワーキングホリデーを!

現在、毎年約500人の日本人がワーキングホリデービザ制度を利用してフランスに渡航しています。ワーキングホリデーの利用資格としては、子どもを同伴しない18〜30歳の人になります。最長で1年間、アルバイトを等をしながらフランスの芸術的な文化に触れることができます。

ただし、ビザの発給数が 550 なのに対し、その六倍もの参加希望者がいるので「誰でも簡単に」というわけには行かないのが現状のようです。

でも一度はパリジェンヌ気分でおしゃれな町並みを歩いてみたいですよね

フランスの観光名所

 

オペラ座

1875年に完成した、パリにある歌劇場。(パリ・オペラ座とも呼ばれています)大理石とブロンズを用いたとても豪華な劇場です。設計者の名をとってオペラ・ガルニエと呼ばれています。新しくバスティーユのオペラ座ができてから、プログラムはバレエが中心となっている。公演を見ることができれば最高ですが、公演がなくても豪華な劇場内部だけでも見学はできるようになっています。

モン・サン=ミシェル

モン・サン=ミシェル(ミッシェル)はフランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島に築かれた修道院です。現在では橋が架かっているためいつでも行くことができますが、かつては干潮の時に自然にできる浅瀬を渡るしか交通手段がなかったとか・・・

そのため何人もの巡礼者が命を落としたようです。「モン・サン=ミシェルに行くなら、遺書を置いて行け」という言い伝えがあったぐらいなので、相当の方が亡くなったのでしょう。

現代ではそんな危険はないのでワーキングホリデーに参加した際には一度言ってみるのはいかがでしょう?

エッフェル塔

フランスの首都であるパリの、象徴ともなっているエッフェル塔。フランス革命100周年を記念し1889年にパリで行われた第4回万国博覧会のために建造され、何故か建設を請け負っただけの「ギュスターヴ・エッフェル」さんの名が由来となっています。
(実際に設計したの「ステファン・ソーヴェストル」「モーリス・ケクラン」さんとのこと)

かなり余計なことですが・・・エッフェル塔は自殺の名所でもあり、毎年多数の人が飛び降りているそうです^^;

ワーキングホリデーに参加してエッフェル塔に行ったときには是非気をつけてください(笑

check

合宿 免許 激安

Last update:2017/11/1